ノートの端っこ、ひこうき雲

ひと夏の思い出、には留まらせたくない。